Try looking in the monthly archives. 6月 2014
しかし死亡例もある
まれにですが持続勃起症といって男性機能の勃起状態が4時間以上にわたり持続し、痛みを伴って現れるという症状を引き起こしたり勃起機能を喪失してしまったりといったことが現れたりする場合があります。 そのような副作用が現れた場合は場合によっては速やかに使用を中止して医療機関にて医師の診察を受け、治療してもらうということが必要不可欠となっています。 ED治療薬の副作用自体は通常は軽いものですが、しかし死亡例もあることを留意しておく必要があります。 体調の状態によってはより重い副作用の症状が発生してしまう危険性もないとはいえません。 また、ED治療薬を服用できない人も存在します。 例えば、狭心症の症状を抱えている人の場合、心臓発作を引き起こして死に至る可能性が指摘され死亡例も存在しますので、絶対に投与できないこととなっています。 そのほか低血圧症や高血圧症の方、脳に疾患を持っている方、薬に対してのアルレギー反応を持つ方の服用は禁物です。
Read More
ED治療薬の副作用は軽い
一般的な定義としては男女の間で愛を確かめ合うための行為として用いる方法がセックスです。 しかし、セックスの際に男性側にとって問題になってしまうことの一つがセックスの際に男性機能が上手く働かなくなってしまったり、充分な硬さが得られずセックスができない状態になってしまったりまたはそうでなくなってしまったりといった症状が出ることです。 この状態のことは、インポテンツと従来の名称では呼ばれてきたわけですが、最近ではインポテンツの他に「Electile Dysfunction」の頭文字をそれぞれ取ってEDとも呼ばれています。 EDの際に用いられる治療薬としては、バイアグラやシアリスなどに代表されるED治療薬を使った方法です。 ED治療薬は精力剤というわけではありませんので服用しても精力が身につくわけではありません。 効力を発揮するのは、男性機能が働いた後となります。 男性機能の硬さが出て、持続性を維持しながらセックスの回数を重ねることができるので、女性には喜ばれ男性にとっては自信を深める効果を持つことで人気の治療方法となっています。 バイアグラやシアリスなどのED治療薬は病院と提携を結ぶ薬局や薬の通販サイトなどで販売されており、開発当初から利用者の間で根強い人気の薬となっており、知名度も非常に高く知られています。 ED治療薬のデメリットとしては、医薬品なので副作用が存在します。 ただし、基本的には利用者に配慮がされ開発されているのでED治療薬の副作用は軽いと言われています。 例えばED治療薬の代表格であるバイアグラの副作用としては、頭痛やほてり、めまい、動悸、胃が少しムカムカするなどの副作用が存在します。
Read More
Post Image
効果がゆっくりな分、副作用もゆっくり
シアリスに関しては、効果とともにほとんどの人が感じる副作用ではなく、約3割の人が実感するという程度なので、発症率的には、バイアグラやレビトラよりも低いということができます。 これは、シアリスの最大36時間という、効果持続時間の違いからくるものです。 作用時間が長い分、作用が穏やかで、その分副作用も低いということに繋がっているといわれています。 そもそもお薬なので、個人差によりさまざまな症状も出ることがありますが、実はこれらの副作用は、シアリスの効果によってあらわれる症状です。 シアリスは、身体の末端までしっかりと血液を行き渡らせることで、勃起をさせています。 そのためこの効果は性器だけに起こるのではなく、全身の血管で同じことが起きています。 鼻の中の毛細血管が拡張すれば、鼻ずまりになり、顔の表面の血管が膨らむと、ほてりとなって出てきます。 ですから、これらの症状は、ある意味この薬が効いている証拠だともいえます。 稀な副作用のひとつに、物が青みがかって見える、青色と緑色の区別がつきにくくなるなどの視覚への影響が、報告されています。 シアリスの効果がゆっくりな分、どの副作用もゆっくりと起こります。 これらすべては症状が出たとしても、薬の効果が低下していくのとともに、消えていきます。 どのED錠にもいえますが、心臓に病気を持っている方は、服用できませんので注意してください。
Read More