Try looking in the monthly archives. 7月 2014
副作用の報告が多い医薬品
病気をすると医療機関から処方箋のお薬を出されます。 その薬品の効果から体の回復と健康体に戻れるのです。 ですから薬品は、健康になる為の魔法のお薬です。 しかしその疾患の為の薬効果が期待できるはずが、医薬品の副作用と言う症状をもたらす事も少なくないのです。 その医薬品には、副作用の報告が多い医薬品と副作用報告が極端に少ない薬があります。 それは医薬品である為に通常は安全な薬ですが、副作用と言う体に異変や悪影響をもたらす事です。 その為に厚生労働省の政府機関では、副作用の報告が多い医薬品の調査などを行っています。 また副作用についての説明やその対応を医療機関の医師中心に行うようにしているのです。 それは特にガン等の大病に使用する薬品です。 そのガンを殺す為に使用する薬品には、抗がん剤のように体のガンだけを猛撃するのではないのです。 その為に抗がん剤を投与する事で、吐き気やめまい、頭痛等の多様な副作用が出てきます。 しかし全ての人々が、副作用の報告が多い医薬品に対して副作用があるわけではないのです。 ですから人それぞれの効果や副作用があります。 それでも副作用報告が極端に少ない薬を服用したいと願う人も多いのです。 その為に副作用報告が極端に少ない薬の情報を収集する事も大切です。
Read More