Try looking in the monthly archives. 8月 2014
副作用報告が極端に少ない薬
副作用報告の少ない薬は、医療機関や医師、医療法人等から情報の収集が出来ます。 また疾患のサポートを行う非営利団体のホームページや支援サイト等でも口コミなどで紹介されています。 それは疾患に効果的だった医薬品の口コミや副作用の実態を説明した口コミもあります。 ですからそれを参考に副作用の報告が多い医薬品等を知ることが出来ます。 そして時には癌や特別疾患の難病には、副作用の報告が多い医薬品がその疾患には効果的な場合が多いのです。 それは強い効果が期待出来る為に副作用の強さも高いのです。 ですから副作用と効果とのバランスや使用者の体調から薬品の使用を決める事です。 その為に医療機関でのスタッフや医師とよく薬品の使用と副作用についての相談を行う事です。 そこから薬品での副作用の対応が出来るのです。 そして副作用報告が極端に少ない薬の使用から疾患に効果的な結果が出せれば、理想的な薬品の使用方法です。 しかし重大な疾患と戦う為には、副作用の報告が多い薬品を使用する場合もあります。 その際に副作用の説明や患者の体調、意見などを大切にする医療機関の体制も必要です。 そこから患者にとっても病との闘いが、要因に出来るのです。 それは疾患から来る痛さよりも副作用のつらさが増す事は、通常では良くない場合もあります。 また高齢者にとっての医薬品は、副作用報告が極端に少ない薬のほうが最適です。 それによって、心も体も健康を取り戻せるのです。
Read More